低体温は万病のもと

健康関連
この記事は約4分で読めます。

妊活支援士はるみです。

あなたの平熱は何℃ですか?

体温があがると免疫力もあがる、と言われていますが、

なぜ体温と免疫力が関係あるのでしょうか。

平熱が低いことで見られる症状

日本人の平熱は、36.8℃と言われていますが、いろんな方とお話しすると、36℃台後半の方はあまり多くないようです。

女性の場合は、35℃台~36.0℃の方が多く、体温が低いことを自覚していらっしゃる方がほとんどです。

体温が低いことで、こんな症状が見られます。

・血行不良
・食欲不振
・消化不良
・疲れやすい、疲れが抜けない
・不眠
・行動が緩慢、反応が遅い
・思考がぼんやりする
・興味がわかない
・風邪をひきやすい、免疫力の低下
・アレルギー
・生理不順、婦人科系疾患

なぜ平熱が低いの?

そもそも、どうして平熱が低くなってしまったのでしょう?

そこにはいくつかの原因が考えられます。

体温調節が狂う

常に体温を一定に保持するよう、身体に指令を出しているのは脳ですが、その指示がおかしくなってしまう場合があります。

<体温調節機能が狂う原因>
・極端なダイエットや偏食によるホルモンバランスの乱れ
・ストレス
・自律神経の乱れ

内臓を冷やしている

生活の中で習慣化していることで、身体の深部の体温を下げる原因を作っていませんか?

<内臓から冷える原因>
・鎮痛剤など、身体を冷やす薬を頻繁に服用している
・水分の摂りすぎ
・甘いものの摂りすぎ
・エアコンなどで体温調節機能が狂う

内臓から冷えていませんか?
妊活支援士はるみです。 あなたの内臓は温かいですか? 内臓(身体の深部)が冷えていると、病気はもちろん、いろいろなトラブルの原因になります。 暑がりな人も、意外に内臓は冷え切っている可能性があります。 特に婦人科系のトラブルは、冷えによる影響が大きいと言わ...続きを読む

体温が上がることと免疫の関係

では、体温があがると、免疫にどのような関係があるのでしょうか。

血流が良くなる

お風呂に入って身体が温まると、血行が良くなったことを実感できますよね。

体温があがっても、同じように血行が良くなります。

血行が良くなると、白血球が身体をスムーズに移動できるようになるんです。

簡単に言えば、「まさにウイルスに感染か!?」という現場に、白血球が駆けつけるスピードが速くなります。

早いうちに対処できれば、病気になるのを未然に防ぐ確率が上がる、ということ。

免疫機能をフル活用できることになります。

免疫機能が活発になる

私たちの体内では、さまざまな酵素や腸内細菌、活動エネルギーを作るためのミトコンドリアが活動していますが、これらの活動が一番活発になるのが、37℃前後と言われています。

私たちの免疫細胞は腸に密集しているため、腸内環境に左右されます。

腸内の悪玉菌は低体温派、善玉菌は高体温派のため、体温が高くなると善玉菌が優位になり、腸内環境が良くなると言われています。

また、ミトコンドリアも37℃前後で活発に活動するため、代謝が活発に行われ、エネルギーが生産されます。

疲れにくくなり、免疫力もUPします。

がん細胞に嫌われる

がん細胞は、35℃程度の環境で活発化します。

つまり体温をあげると、がん細胞の活動が弱まるのです。

呼吸を意識する
妊活支援士はるみです。 普段の呼吸を意識してみてください。 しっかり息を吸えていますか? 口呼吸だったり、仕事が忙しかったり、ストレスにさらされていたりすると、無意識のうちに呼吸は浅くなります。 呼吸が浅くなるとどうなるでしょう? 単純に、身体に取り込む...続きを読む

体温を上げるために

平熱をあげたいと思ったら、どんな方法があるのでしょうか。

・運動して筋肉をつける
・湯船につかる
・身体を温める食材を摂る
・腹巻きをする

など、いろいろな方法が紹介されていますが、実はもうひとつ、意外な方法があります。

基礎代謝を上げる

体温が1℃上がると、基礎代謝が15%程度あがると言われています。

例えば、今の平熱が35.5℃で基礎代謝が1300kcalだったとします。
もし平熱が36.5℃になったら、基礎代謝は1495kcalになり、195kcal増えるんです。

195kcalというと、シンプルなおにぎり1個分くらいのカロリーですね。

そしてなんと、先に基礎代謝を上げても、体温はあがるのです。

基礎代謝を上げる方法は、先に挙げた運動もそのひとつですが、実は「栄養をバランスよくしっかり摂る」ことでも基礎代謝があがります。

その理由は、摂取した栄養を効率よく使えるからです。

たんぱく質や脂質、炭水化物と言った三大栄養素を、しっかり代謝(燃焼)するには、ビタミン・ミネラルが欠かせません。

ビタミン・ミネラルが足りないと、身体に必要な分のエネルギーも作り出せず、貯蓄に回ってしまいます。

せっかくなら、栄養を大事にため込まず、どんどん燃焼させて体温をあげませんか?

あなたはミトコンドリアなしでは生きられない
妊活支援士はるみです。 私たちの活動エネルギーの90%は、ミトコンドリアで作られます。 そのミトコンドリアが、エネルギー生産以外にも重要なカギを握っていることを、ご存じでしたか? エネルギー生産工場としてのミトコンドリア 私たちが酸素がないと生きていけないのは、ミトコンド...続きを読む