あなたの心と身体は、〇〇でできている

健康関連
この記事は約3分で読めます。

妊活支援士はるみです。

普段、「ちょっと無理をした状態」が当たり前になっていませんか?

あなたにとっては「ちょっと頑張ってるだけ」に思えても、

意外に身体にとってはストレスになっていたります。

その負荷を、いつまで蓄積しますか?

 

あなたの身体を作るもの

「身体は食べたものでできている」とよく言いますが、

口から取り込んだものは、すべてあなたの身体の材料になります。

あなたが貯めてきたものはなんですか?

栄養?

それとも脂肪?

あるいは添加物?

 

栄養は、階段状に考えてもらうと、イメージしやすいかもしれません。

基本の三大栄養素が1段目。

他の栄養が摂れれば、その分、健康のグレードが上がるようなイメージです。

たんぱく質:筋肉や臓器などの、身体を作る材料

炭水化物:身体や脳を動かすためのエネルギー源

脂質:エネルギー源やホルモン、細胞膜の材料など

1段目のこの3種類がきちんと摂れていないと、他の栄養をどんなに摂っても、バランスは崩れます。

栄養のバランス、とれていますか?

しっかり摂れてる? 身体を作るための栄養
妊活支援士はるみです。 こんな感じのフレーズを聞いたことありませんか? 『脂肪燃焼には、L-カルニチン』 『糖代謝をあげる! α-リポ酸』 『若返りには、ビタミンE』 1つないし2〜3種類の栄養にフォーカスして、それを摂取するための食材や料理法などを...続きを読む

 

実は心も、食べたものでできている

栄養が不足すると、心にも負担がかかります。

例えば、セロトニンやドーパミンなど心にかかわりの深い神経伝達物質は、たんぱく質から作られます。

つまりたんぱく質が不足すると、それらの神経伝達物質も不足するということ。

また、そのたんぱく質から、脳の栄養や神経伝達物質を作るために活躍するのが、ビタミンB群です。

たんぱく質だけ摂っていても、他の栄養が足りなければ、うまく活用することができません。

最近は、「腸内環境を整えると、うつ病が治る」という内容の本も、書店に並んでいます。

栄養や身体の状態が、こころに直結しているといわれることが多くなってきました。

 

「ちょっと無理をする」前に、

目の前にある食事や、今の生活を、

ちょっと、見直してみませんか?

 

「ちょっと無理をする」のをやめてみる

朝、起きてすぐに出かける準備ができますか?

目覚めがすっきりしない、疲れが取れていない、という場合は、無理の程度が「ちょっと」を超えている可能性があります。

慢性的な頭痛なども、無理がたたっているサインです。

ストレスがかかっていると、エネルギーを必要とします。

そのエネルギーを作るために、摂取した栄養が使われてしまい、身体のメンテナンスをする栄養が足りなくなってしまうんです。

それに、普段から「ちょっと無理をした状態」でいると、周りからはそれが普通の状態だと思われてしまいます。

思い切って、「ちょっと無理をする」のをやめてみませんか。

 

栄養バランスをシンプルに考える3つのポイント
妊活支援士はるみです。 栄養をバランスよく摂ることが大事というと、「忙しくて、そこまで食べるものに気を使っていられない」という人もいるかもしれません。 あるいは、「たまにだったらいいけど、毎日は無理~」という人もいると思います。 例えば山に登るとき、急な斜面を直...続きを読む