栄養バランスをシンプルに考える3つのポイント

栄養関連
この記事は約2分で読めます。

妊活支援士はるみです。

栄養をバランスよく摂ることが大事というと、「忙しくて、そこまで食べるものに気を使っていられない」という人もいるかもしれません。

あるいは、「たまにだったらいいけど、毎日は無理~」という人もいると思います。

例えば山に登るとき、急な斜面を直線で登れれば、頂上まで距離も短く、到達時間も早いかもしれない。

でもきつすぎて、途中で挫折するかもしれない。

急な斜面を登るのは無理、と思ったときは、
違う道を選んで、緩い斜面を時間をかけて登っても、いつか頂上に辿り着く時が来ます。

栄養のこと考えるの、難しい!
と思った方は、食事を決めるときに、こんなことを意識してみてください。

 

昨日食べたものと、違うものを食べる

昨日のお昼ご飯は何を食べましたか?

昨日の晩ご飯は?

例えば昨日のお昼ご飯がパンだったら、今日のお昼ご飯はパスタにする、とか、例えば昨日の晩ご飯は豚の生姜焼きだったから、今日は鶏の照り焼き、とか。

昨日と違うものを食べると、その分摂取できる栄養の幅が広くなります。

 

甘いものが食べたいときは、フルーツ

疲れると、どうしても甘いものが欲しくなります。

そんな時、お菓子を食べてしまうと、添加物が一緒に身体の中に入ってきます。

添加物を摂取すると、その分解のために栄養が使われてしまいます。

せっかく摂った栄養を無駄に使ってしまわないように、甘いものが欲しくなったら、お菓子ではなくフルーツにしましょう。

 

時間がたっているお惣菜などは避ける

出来上がってから時間がたっているお惣菜、コンビニのお弁当などは、油が酸化していたり、保存がきくように何かが添加されていたりします。

「賞味期間が長いもの」には、何か余分なものが入っていると思って、ほぼ間違いありません。

お弁当やお惣菜などを買って帰る際は、なるべく出来てすぐのものを選ぶようにしましょう。

 

以上が、ゆっくり取り組む際に気をつけたい3つのポイントになります。

ただ、これだけは忘れないでください。

ゆっくり登る道は、ちょっと遠回り。

頂上まで時間がかかります。

すぐに効果が出なくても、やめずにじっくり取り組んでくださいね。