幸福感だけじゃない! 幸せホルモンと妊娠力の関係

妊活関連
この記事は約3分で読めます。

妊活支援士はるみです。

幸せを感じる力は、妊娠力も高めるって、知ってました?

今日は幸せホルモンと言われている「セロトニン」と、愛情ホルモンと言われている「オキシトシン」についてのお話です!

 

セロトニン

身体の中で、セロトニンが一番多く存在する場所って、どこでしょう?

脳?
心臓?
血液中?

 

答えは…

 

 腸!

 

なんと人体のセロトニンの約90%が、腸にあります。

それは、セロトニンが腸で作られているからなんです。

セロトニンは、「トリプトファン」という必須アミノ酸を原料にして作られ、腸から脳や血小板に貯蔵されます。

そして、セロトニンは、エストロゲンという女性ホルモンと深く関わっています。

エストロゲンは、女性の身体を妊娠しやすい状態に整えるホルモン。

卵胞を成熟させたり、子宮内膜を厚くさせたり…

そしてなんと、セロトニンとエストロゲンの分泌は、比例します。

つまり、

セロトニンがたくさん分泌される
 ↓
幸せな気分になる
 ↓
エストロゲンもたくさん分泌される
 ↓
卵子が順調に発育する
子宮内膜も厚くなって、受精卵を受け止める気満々💕

良いことが倍になってやってきます💕

そしてなんとなんと…!!

このセロトニン、 精子の運動率もUP に寄与ます!!

妊活に、2倍も3倍も嬉しい効果があるセロトニン。

オキシトシンとも深~い関わりがあります。

 

オキシトシン

別名「愛情ホルモン」とも「絆ホルモン」とも呼ばれている、女性の妊娠・出産時に深く関わっているホルモンです。

人や動物と触れ合うことや感謝の気持ちを持つこと、親しい人と楽しく食事することなどでも分泌されます。

セロトニンと似ている点がたくさんあるんですが、今回特筆すべきは…

なんと、オキシトシンも 精子の運動率と受精率を上げる、という報告が!

これはぜひ、セロトニンと一緒に頑張ってほしいところです。

実際、オキシトシンはセロトニンと深く関わっていて、オキシトシンがセロトニンの働きを高めることもわかっています。

また、オキシトシンの研究で、自閉症の子供にロイテリ菌を投与し、オキシトシンレベルを上げると、自閉症改善に効果があるという報告も。

スキンシップで分泌されるホルモンですが、
逆に人とコミュニケーションをとれるようになる効果もあるようです。

まだまだ研究中なことも多いので、こうしているうちに、また新しい働きが発見されるかもしれません。

 

幸せホルモン、どうやって増やす?

セロトニンもオキシトシンも、増やす方法は似ていて、意外に簡単なことで増やせます。

参考に3つだけあげておくと、

1 日光を浴びる
2 リズミカルに身体を動かす
3 親しい人と楽しい時間を過ごす

例えばリズミカルに身体を動かす、というのは、ガムを噛んだり、好きな音楽を聴きながらウォーキングをする、といった、簡単なことで十分です。

意外に手軽にできそう、と思うのですが、
仕事や日常に忙殺されていると、すっかり忘れてしまうことも。

心に余裕をもって、
普段から幸せホルモンをたくさん分泌して、
赤ちゃんを気持ちよく迎えられる心と身体を作っていきましょう!