エネルギー生産工場

ミトコンドリア
この記事は約2分で読めます。

妊活支援士はるみです。

ところで、あなたは水だけで何日生きられますか?
水なしでは?

では、酸素なしでは、どれだけ生きられますか?

私たちが酸素で生きているのは、ミトコンドリアがいるからです。

ミトコンドリアは人体のエネルギー生産工場。
生産されたエネルギーは、消化吸収、吸収した栄養の合成、細胞分裂、核酸の合成、筋肉の収縮…etc.
私たちの生命維持活動のすべての場面で必要になってきます。

そして卵子のもとになる細胞は今後増えることはありませんが、体外受精の際にわざわざミトコンドリアを注入しなくても、自分でミトコンドリアを増やすことができるんです!

エネルギー生産工場が増えれば、身体全体のエネルギー量が増える。
となると、増やしたほうがメリットがありますよね。

ミトコンドリアは、「ちょっとだけツラい環境」になると、生命の危機を感じて増殖するそうです。
例えば、「寒い」と感じる環境に身を置く。
空腹を感じた時、すぐに食事をとらず、空腹な状態でしばらく過ごす。
ちょっとした運動をして、『エネルギーが足りないよ』という状態にする。

アスリートが高地トレーニングをしたりしますが、高地トレーニングはミトコンドリアを増やす効果もあるそうです。

「ちょっとだけツラい環境」は、長時間でなくても効果があります。
ただし、睡眠不足はミトコンドリアを増やさないようなので、睡眠はしっかりとってくださいね。