妊活NGなことをやめると、健康に近づく

妊活関連
この記事は約3分で読めます。

妊活支援士はるみです。

妊活に何が良いかって調べていくと、結局自分が健康であることがポイントだったりします。

今回は、「生活習慣」から、妊活にNGなことはどんなことがあるのか、見ていきます。

 

女性の妊活NG

喫煙

血流が悪くなり、卵巣機能が低下します。ホルモンバランスを崩し、卵子老化の原因にも。

飲酒

軽い飲酒なら問題ないといわれていますが、アルコールはホルモンバランスを乱します。

飲まずにいられるなら、飲まないほうがいいです。

食事内容

今の食生活では食べるものが偏っていて、卵巣や子宮が妊娠の準備をするための栄養が圧倒的に足りません。

また、添加物なども卵子の老化の原因と言われています。

何を食べるか、何を食べないかを考える必要があります。

ストレス

ストレスの影響でホルモンバランスが崩れ、排卵障害や着床障害を起こすことがあります。

血流が悪くなり、卵巣に十分な血液が届かず、卵子がうまく育たない可能性も。

睡眠不足

睡眠時間が短いと、十分なホルモン分泌が行われない可能性があります。卵子が十分に成熟できなかったり、子宮内膜が十分な厚さにならなかったり。

睡眠の質も大事です。

 

男性の妊活NG

喫煙

血流が悪くなり、ED(勃起不全)の原因になります。

精子の数の減少、運動率の低下などの原因ともいわれています。

飲酒

過度のアルコール摂取で肝臓に負担をかけると、精子が作られなくなるなど、精子異常の原因に。

飲酒が絶対的にNGというわけではありませんが、量はほどほどに。

食事内容

常に満腹の状態だと、性欲減退に。

また、女性の場合に書いた内容でもありますが、今の食事は栄養が圧倒的に足りないので、栄養をしっかりとって、腹八分目が理想的です。

ストレス

ストレスでED(勃起不全)になってしまう可能性が。

精子の数の減少、運動率の低下も報告されており、うまくリラックスできる環境づくりも重要です。

睡眠不足

睡眠時間の減少と、精子の数の減少が関係しているといわれており、睡眠不足によるホルモンの分泌異常により、精子が作られにくくなります。

サウナや長風呂、膝上でのPC操作

精巣は熱に弱いため、温めると精子の数が減少します。

サウナや長風呂はもちろんですが、膝上でノートPCを開いて作業しているだけでも、精巣の温度は上がります。

スマホ

スマホを腰回りのポケットに入れておくと、電磁波の影響で精子の数が減少したり、質が落ちるといった報告があります。

できれば少し離して持ち歩くのがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

ここで紹介したものが、妊活NGのすべてではありませんが、これだけ見ても、

「妊活NGなことをやめたら、健康になりそう」

と思いませんか?

すべてを一度に実践していくのは難しいので、まずは「できそうなことからやってみる」のが大事です。