卵子は生まれた瞬間から減り続ける

妊活関連
この記事は約1分で読めます。

妊活支援士はるみです。

卵子のもとになる細胞、実は女として生まれて以降、増えることはありません。

その細胞は、胎児の時に最高で約700万個にもなりますが、
出生時には約200万個、思春期には20~30万個になっています。

排卵は月に1回ありますが、その際女性の身体は、複数の卵子を並行して作っています。
いくつか育てて、その中で一番育ちの良かった1つだけが排卵されます。
その時、並行して育っていた卵子候補達は、しぼんで無くなります。
その数、なんと数百から1000個。
1ヶ月で、卵子のもとになる細胞が1000個ずつ減り続ける、ということになります。

しかもその細胞は、生まれる前から備わっていた細胞なので、
細胞年齢はあなたの年齢と同じ。

20歳の頃の自分と、今の自分を比べてみてください。
どちらの肌がピチピチしていますか?

その違いは、卵子にも顕著に現れます。
それが、高齢による不妊の原因のひとつであると言われています。

ちなみに、精子はその都度作られるので、
理論的には男性は何歳になっても子供を作ることができますが、
実際の不妊で男性に原因があるのは40%超と言われており、
女性における加齢とは違う原因があるようです。